Bourbaki

コロナウィルス警戒真っただ中、名古屋でレンズメーカーさんのプチセミナーがあったので行ってきた。

で、折角名古屋まで来たので行ってみたい眼鏡屋さんへ。

新栄の「ブルバキ」さん。

ここはアンティーク眼鏡の専門店。

↑テレビジョンカットの眼鏡。

レンズが内側に入り込んでいるように見えるタイプ。昔のブラウン管のテレビに似ていることからテレビジョンカットと呼ばれたそうです。

「眼鏡の歴史」という本によると1960年代から出てきた意匠っぽい。

錯視を用いたメガネ。

こちらも本で見る限り1960年代っぽい。

1960年代アメリカにおいてごく短期間だけ流行した「オプ(ティカル)アート」いわゆる錯視アート。その影響を受けて作られたメガネですね~(多分

鯖江の村井眼鏡製のジャンポールゴルチエ。

窓から気持ちの良い風が入るたび

入口のドアを「バタンッ!バタンッ!」と開け閉めしていました。

「色んなデザインが見れて面白かったです」

と、小学生の読書感想文並みの語彙力で店をあとにしました。

ブルバキ

名古屋市中区新栄1-6-3 シャインビル201  

http://bourbaki1139.com/